介護と資格

日本は、すでに人口の21%以上が高齢者となる超高齢社会を迎えています。
2013年には、高齢者の割合が25%&に達し、実に4人に一人が、高齢者という世の中。
今後、団塊の世代が高齢者の仲間入りをしていくに従ってまだまだこの割合は増えていくことが予想されています。
もちろん、背景には日本の高度な医療技術や、暮らしやすい風土、健康志向の高い食生活などさまざまな要因があり世界に誇るべき日本の姿ということもできるかもしれません。
しかし、一方で高齢者と共存していくための仕組みはまだまだ追いついていないことが問題視されています。

そしてその中の一つには、高齢者に対する設備や施設、そして人手不足があります。
バリアフリー設備の徹底だけでなく、体が思うように動かせなくなってくる高齢者を介助・サポートをしていく人材不足は深刻です。
ニュースでは、老人が老人を介護するような現状を報道することもあり、いかにホームヘルパーが不足しているかが顕著と言えるでしょう。
ホームヘルパーの資格はそのようななかで昨今大きな注目を集めています。
働き手が足りない現在、このような資格の取得によって正しい知識と技術があることをアピールすれば、就職にも有利になりますし需要が増えることから将来に対する展望も明るいでしょう。
さらに、身内の人が今後介護が必要になった際には、このような資格の知識があれば間違った方法でなくきちんとした対応ができるようになるのもメリットです。
このサイトでは、そんなホームヘルパーやケアマネージャーといった資格について紹介します。



*SPECIAL LINK*
介護サービスが充実している療養型の病院のサイトです ―> 介護サービス 病院